読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Mix Tape

自分の好きな曲紹介ブログ。90年代R&B中心デス。普通の日記は移転しました。プロフィールをご覧ください。

★通常の日記は 「こはくの日記」 に移動しました★

何かの音で目覚めた朝

日記

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のヤクザな世界を自分とは別世界のものとして観ていたんですが、そう言えば私は銃声で目覚めた事がありました。

と言うのも実家の隣がとある組の事務所だったからです。

とんだ生育環境!

 

私が小さい頃は隣は結構小さな組で賭博がメインのシノギだったようです。

ごくごく稀に夜中にガサ入れがあって大騒ぎしたりがあったようですが(ぐっすり眠っていて知らない)、普段は特に恐怖を感じる事も無く、結構町内と共存していた気がします。

お祭りに多額の寄付をしてたり(今なら問題だね)、雪が積もると前の道路の隅から隅まで雪かきしてくれていたり。

気の良い兄さんたち、みたいな印象。

組長が飼っていたブルドッグが我が家の中に入って来たことがあって、お詫びに菓子折り頂いちゃったり。

結構のほほんとしていました。

が、私が高校生の頃に代替わりすると雰囲気が一変。

ビルも建て替えられ、重厚な雰囲気になり、周りから浮きはじめたのを覚えています。

若い衆が近所の住民に挨拶する事も無くなりました。

 

そして高校二年生のある日。

私は早朝パーンパーンパーンと言う音で目が覚めました。

「うるさい…パンク?」

と思って二度寝

そして学校へ行く時間になって二階から降りるとリビングに刑事さんが来ていました。

パーンパーンパーンは隣の事務所に銃弾が撃ち込まれた音だと。

そして早起きしていた祖母が何だろう?と窓から顔を出し犯人を目撃したんだそうです。

おばあちゃん…!危ない><

犯人は二人組の男で黒の車で逃げた、と言うのがおばあちゃんが見た全て。

刑事さんそれ以上は何も引き出せなかった。

撃ち込まれた銃弾は事務所の壁に当たって跳ね返り、うちの前の家の壁に当たってさらに跳ね返り、うちの隣の月極駐車場に落ちているのが見つかったそうです。

何かの間違いでおばあちゃんに流れ弾が当たらないで良かった…

結局すぐに犯人は捕まったんですが、撃ち込みたかったのはうちの隣の事務所じゃなかったらしい。

組間違い?

迷惑すぎる!

良く確かめてから撃ち込んで!

いや撃ち込まないで!!

その頃は全く近所と交流が無かった隣の組でしたが、その時だけはまた菓子折りを持ってお詫びに来ました。

ブルドッグと銃弾が同じお詫びとは。

 

銃声ってよく「乾いた音」って表現されるけど、本当にそんな感じでしたよ。

こわいこわい。