読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Mix Tape

自分の好きな曲紹介ブログ。90年代R&B中心デス。普通の日記は移転しました。プロフィールをご覧ください。

★通常の日記は 「こはくの日記」 に移動しました★

蚤の市

旅行

 はい、またしても20数年前のイギリス旅行の話です。

 

同行者の友人Mちゃんはとてもお洒落な子でした。

パンクが好きでファッションもちょっとそんな感じ。

地方巡りからロンドンに入った後は色んなお店に付き合いました。

 

私は「ロンドンを歩いている」って言うだけで楽しかったので、Mちゃんが行きたい所についていくのは全く苦では無かったです。

思い返せばビッグベンにもバッキンガム宮殿にも行かなかったな。

勿体ないですね。

 

Mちゃんは蚤の市散策も好きでした。

ロンドンには曜日ごとに色んな町で蚤の市が開催されています。

お宝さがしが好きな私はカムデンタウンよりは蚤の市の方が楽しかったです。

 

そしてある蚤の市でMちゃんが掘り出し物を発見しました。

ウェッジウッドのカップ&ソーサーで、私はその価値はよく分からなかったのですが、Mちゃんはものすごーく気に入って、かなり値段交渉をして手に入れました。

ホクホク笑顔でホテル(英語の通じないギリシャ人オーナーの)に戻り、早速箱を開けたMちゃん…

すると突然笑顔が消え

 

「やられたーーーー!!!!!」

 

とパンクに叫びました!

何事かと覗き込むと、デザインはMちゃんが気に入ったのと同じカップ&ソーサーでしたがフチが明らかに欠けています。

Mちゃんが買おうか悩んでいた時に手にしていたものは欠けていませんでした。

店のお姉さんがじゃ、包んでくるね、と後ろに行った時にすり替えられたのでしょう。

 

呆然とするMちゃん。

日本でのほほんと育った10代の私たちには、まさかそんな事が起きるなんて想像もしていませんでした。

蚤の市は決まった時間しか開いていないし、次に同じ市が開かれるのはもう日本に帰国した後。

いちげんさんの観光客と踏んで詐欺を働かれたのね…

結局Mちゃんは泣き寝入りをするしかありませんでした。

あの欠けたウェッジウッド帰国後はどうなったのでせう。

 

皆さんも蚤の市でのお買い物は気をつけてくださいね!

 

f:id:own_goal:20170123151019j:plain

 

9月のロンドンはとても寒く、持って行った服では風邪を引きそうだったので急遽買ったGAPのコットンセーター。

なんと今でも着ていますw

春先に丁度良いんだよね。

その頃まだGAPは日本に進出していなかったので帰ったら物珍しがられた。

今じゃ考えられませんねー。

革のポシェットはどこかの蚤の市で買ったもの。

荷物大量女の私には使いこなせない小ささだけど見た目が可愛いので気に入ってます。

子どもたちが虎視眈々と狙っております。